FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「未分類 」カテゴリ記事一覧


≪ネット不掲載≫に対するお詫び

頑固おやじです。
ブログ掲載を約2週間怠ってしまいました。ご期待に沿えず申し訳ございませんでした。
実は、<strong>10月11日義母(妻の母)</strong>が亡くなりました。一人暮らしで近くにおりましたが、足を滑らし尾てい骨を強打し夫婦で食事の世話・病院への通院などお世話をして参りましたが10月2日夜中、空腹時に≪痛め止め≫を時間をおかず摂取したらしく、十二指腸穿孔の為救急車で入院。緊急救命手術を受けましたが、10月11日義母(妻の母)が亡くなってしまいました。

女房と二人で遺品の整理・役所への届・仏事の手配など様々な用事に追われ、≪ブログの記載≫に神経・時間を割くことが出来ませんでした。謹んでお詫び申し上げます。
おかげさまで【初七日】・【ふた七日】を終え、10月31日【さん七日】を迎えます。
今回の≪母の葬儀≫で命の尊さを改めて知ることが出来ました。

私八人兄弟の≪末っ子≫≪実父・実母≫の葬儀も経験してまいりましたが、兄弟・甥姪・親戚知人などの暖かい≪お弔い≫で大きな負担を感じることはありませんでした。
今回、母一人子一人の義母の死を迎え、精神的な女房のホロー・親戚への配慮・葬儀の手配など大きな負担を感じました。
特に、≪初七日など七日・七日の行事ごとは遺族の心の安らぎの為の時間≫と感じることが出来ました。
一週間ごとに【故人への想いの内容】が変化します。1週目は≪してあげられなかったことへの反省・後悔≫でしたが2週目は≪遺品をかたずけながら故人との思い出探し、お釈迦様の下でどのような修行をしているのかな?・・・≫等故人の死を受け入れることが出来るようになりました。
しかし時折り、故人の気配・記憶がよみがえる日々を暮らしております。
≪四九日・百ヵ日・1周忌≫個人の魂がお釈迦様の身元に近くなり、≪極楽往生≫するにつれて、身内の心も安らぐのかもしれません。!!

大変申し訳ございません。≪さん七日≫終了後の11月1日より≪ブログの掲載≫を再開いたします。

よろしくお願いいたします。           ≪頑固おやじ≫続きを読む
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

茎ニンニクと牛肉の炒め物≪ヌーベルシノア≫

 DSC_1547.jpg DSC_1523.jpg 00250001 (1)

頑固おやじです。
今日は、中華料理でお馴染みの≪ソーミョー・ルー・ス―・≫を日本調味料をメーンに使って≪新中華料理≫を作ってみます。
ソーミョーは茎ニンニク、ルーは肉、スーは千切りを意味します。肉は豚肉・牛肉・鶏肉自由にお使いください。
今日は【家庭料理】の為に、肉は牛細切れを使いぶつ切りにしました。
竹の子は市販の千切り竹の子です。この調理方は≪ピーマンを使ったチンジョー・ルー・スー≫等も同じ合わせ調味料を使うことが出来ます。是非試してみて下さい。

≪材料≫

ニンニクの茎
竹の子千切り
肉(鳥・豚・牛肉いずれも可能)  必要に応じ千切り(業務用)
ニンニク
生姜

≪調味料≫

田舎味噌
ケチャップ
濃口醤油
ミリン

砂糖
豆板醤(テンメンジャン)なければラー油・唐辛子(もみじ卸)を混ぜ合わす。

片栗粉(水溶き片栗粉)   仕上げにトロミをつけるため。

胡椒・山椒など香辛料は好みで使用して下さい。


≪作業工程≫
①材料を揃えます。
DSC_1523.jpg
②合わせ調味料を作ります。≪多めに作って作り置きも可能です≫
DSC_1526.jpg DSC_1528.jpg DSC_1529.jpg DSC_1530.jpg DSC_1533.jpg
③フライパンにごま油をひき、ニンニク・卸生姜を軽く炒め、茎ニンニクを炒め竹の子を加え牛肉を炒めます。
DSC_1534.jpg DSC_1535.jpg DSC_1536.jpg DSC_1537.jpg DSC_1538.jpg DSC_1539.jpg DSC_1540.jpg
④牛肉に軽く火が絡んだ状態で②の合わせ調味料を2倍に薄め、フライパンに流し込み具材に味を染み込ませます。
DSC_1541.jpg DSC_1542.jpg DSC_1543.jpg
⑤程良く火が通り味が絡んだ状況で水溶きカタクリを振りかけトロミを掛けます。
DSC_1544.jpg DSC_1545.jpg
*片栗粉のトロミ・唐辛子・香辛料などの加減はお好みで加減してください。

⑥仕上がりにごま油を少々振りかけると胡麻の風味が増します。(切り胡麻を振りかけてもよし・・・・)
家庭でも楽しめる≪和風中華≫です。笑顔の絶えない楽しい食卓をお迎えください!!
                 ≪頑固おやじ≫

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ








沖縄県産業支援センター専門家登録承認アドバイザー


《頑固おやじからのお知らせ》

【経営不振店舗経営改善援助】【商品開発・企画・献立援助】
          【調理技術原価衛生管理のフォロー】【新規開店店舗開業準備】等飲食店の経営アドバイスを行っております。

《頑固おやじの出張料理塾》受付中

日本料理(懐石料理・会席料理・普茶精進料理・ふぐ川魚 スッポン料理・湯葉豆腐の製造
手打ち蕎麦うどん・剥き物(野菜彫刻)・和菓子・寿司・家庭料理・料理の基礎知識 等)


出張料理講習会承ります。ご用命ください。(5名様以上)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

シギ焼き(茄子の切り方・揚げ方・シギ味噌の作り方)


頑固おやじです。今日は約束通りシギ焼きの作り方パートⅡを掲載します。
まずは、A≪米茄子のカット・米茄子の揚げ方≫です。
①、茄子のへたの部分をカットして1/2に切り落とし、(皿に盛りつけた時に安定させる為)そこの部分を切り落として平にします。
②、茄子の皮と身の境の部分に包丁を入れ、更に身の部分を食べやすいサイズに≪包丁目≫を入れます。(6~8等分)
③、油で均等に火が通るようにフォークを使って≪目(皮に刺します)≫を入れます。
④、油鍋に油を入れ160℃~165℃位で茄子の皮の方(茄子の色が飛ばない様に・・)から茄子の表面に焼き目がつく程度迄揚げます。
⑤、揚げ台に取る。
tn.jpg tn2.jpg shigi.jpg tn10.jpg tn12.jpg


B≪シギ味噌の作り方≫
①鍋に鳥のひき肉を入れ、カラ煎りして前日仕上げた【赤味噌田楽】を加え、練り込みます。
DSCN3377 (2) DSCN3380 (2)DSCN3382 (2) DSCN3384 (2) DSCN3385.jpg
*味噌の硬さ・鶏肉の分量に注意してください。
何度か試行錯誤を繰り返すことによって技術が形成されます。飽きずに努力してください。

C≪米茄子のシギ焼きの作り方≫

Aで揚げた米茄子にシギ味噌を塗り、オープン(天火・トースター)で焼きます。(木の芽・粉山椒・青柚子・ケシの実・胡麻等で化粧)
tn8.jpg tn7.jpg tn6.jpg

*チーズを乗せるとイタリアン風になり、ワインとの相性も抜群ですよ!!

*応用可能です。料理としてオイスターソース・味噌・生姜・ニンニク・ラー油・豆板醤を加え、水で伸ばして水溶き片栗粉で餡かけにして中華のマーボ茄子・マーボ豆腐にリメイク(応用)する事も可能ですし、お結びの具材としても使用可能です。是非試してみて下さい。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。