FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「デザート 」カテゴリ記事一覧


パイナップルのコンフィチュール

DSCN0916.jpg DSCN0843.jpg

頑固おやじです。
今日はパイナップルで作るコンフィチュールを紹介しましょう。基本的にコンポートは砂糖水で炊き込んだ【蜜煮】でコンフィチュールは砂糖煮(英語圏でのジャム)と思ってください。今回は沖縄特産のパイナップルを使ってパイナップルのコンフィチュールをご紹介致します。私が沖縄に移住して最初に作った≪お菓子≫です。この技術は今から40年以上前、東京九段のフェアモントホテルでフランス帰りのパティシエから教えを受けた大事な技術の1つです。当時は紅玉林檎を使って林檎をバター焼きにしてコンフィチュールを作り、パイ皮を使ってアップルパイを作りました。今週は沖縄特産生パイナップルを使った≪コンフィチュール≫及び≪瓶詰め保存法≫をご紹介いたします。
別の機会に、パイ作りとパイ用バターソテーパイナップルの作り方を紹介します。ご期待ください!!

≪材料≫
パイナップル    1個
レモン        半分(皮  細みじん切り 実   種を取ってジュース) 
グラニュー糖   300㌘(250㌘・蜂蜜50㌘)

≪作り方≫
①パイナップルの上下を切り落とし、皮をむきます。
②①のパイナップルを8等分に切り分け、芯の硬い部分を取り除きます。
③②のパイナップルを1㌢角切り(賽の目)にカットします。(正味700㌘)
DSCN0849 (2) DSCN0851 (2) DSCN0862 (2) DSCN0864 (2) DSCN0868 (2) DSCN0870 (2)
④レモン半分を皮をむいて細みじん切りにし、実を絞って器に取り置きします。(およそ70CC)
DSCN0871 (2) DSCN0874 (2) DSCN0873 (2) DSCN0879 (2) DSCN0881 (2) DSCN0882 (2)
⑤鍋(銅鍋が最良)に③の賽の目切りのパイナップルを入れて④のレモン汁とグラニュー糖を入れて強火で加熱。かき混ぜながら煮詰めます。
⑥⑤の状態で10分~15分艶が出て、煮詰まった状態で④のレモンの皮を散らしてかき混ぜ火を止めます。
*蜂蜜使用の場合は仕上げ間際に入れて、煮つめること。
DSCN0883 (2) DSCN0884 (2) DSCN0886 (2) DSCN0894 (2) DSCN0898 (2) DSCN0900 (2)
使い勝手がよく、パン・お菓子・ドレッシングやソースの隠し味等応用力が高く、保存力も高い食品に仕上げております。家庭ではバターを入れて煮詰め、パイ皮で包んでパイナップルパイの簡易型として作ることも可能です。是非試してみて下さい
今回は長期保存出来る瓶詰め保存法を紹介します。道具・機械設備がなくても出来る保存法です。この機会にマスターしてください。

≪瓶詰め≫保存
A、ゴムパッキン付きの便を用意します。
B、粗熱処理した⑥をAの瓶に入れます。ふたを閉めてこぼれる程度まで入れてふたを閉めます。
C,別鍋に水を入れてBを入れて加熱します。お湯が沸騰したら火を弱めて約10分間加熱処理します。
D、10分後に鍋から取り出し、ビンの底を上にして粗熱を取ります。(残った空気の処理)
E、氷水を用意して蓋を上にして冷却処理。
DSCN0901.jpg DSCN0902 (2) DSCN0903 (2) DSCN0904 (2) DSCN0908 (2) DSCN0910 (2)
*瓶詰め保存法は、【竹の子の水煮】【蓮根水煮】など保存の応用が可能で一般家庭においても応用できる技術です。
但し、開封後は必ず味を確かめて食べること。開封後は早く使用することをお勧めします。
業務用の安全確認装置がなく目視確認ですので、賞味期間その他は自己責任になります。ご承知置き下さい。








ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ




続きを読む
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

夏のデザート

“頑固おやじ”のです

DSCN0413.jpg

風邪をこじらせる前に糸満市の道の駅で購入した「桑の実」を使って夏に食べたいゼリーを作りました。

幼いころ、学校の帰りお友達と寄り道しながらつまんでいた 桑の実 ・・・懐かしい思いで即購入。
思いのほかおいしかったので、もう一度作って頑固おやじと長女のところに送ろうかと思っていましたが、2週間以上道の駅へいくことができないまま時がたち、この前の日曜日に探しに行ったのですが、時期が過ぎたのかお店の方に伺ってもないとのことで来年まで持ち越しとなってしまいました。
                     KIMG0202.jpg


ただベリー系の食感に似ているので、今週末にもう一度作ってレシピをアップしたいと思います。

夏のゼリー
《材料》
桑の実
レモングラス(ドライ)
砂糖蜜
ゼラチン
 
※作り方と分量については、今週末までお待ちください。(すいません。レシピを書いたメモをなくしたので、はっきりとした分量がいえないので今週末冷凍のベリーでゼリーを作ったときに必ずアップします。)
新作用のレシピ帳を購入しないといけませんね。今度から気をつけます。           頑固おやじの嫁

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。