FC2ブログ

沖縄天婦羅

頑固おやじです。
長い間勝手に休みを戴き、大変申し訳ございませんでした。
お蔭様で,義母の≪三なのか≫の法事を済ませ、仏具屋に行きお位牌の注文を済ませ、少し落ち着きを取り戻しつつあります。皆様にはいろいろご迷惑をおかけいたしました。
DSC02888.jpg DSC02875.jpg DSC02825.jpg
さて、お約束通り、心新たに≪頑固おやじの料理塾≫再開いたします。
今週は≪沖縄の天ぷら≫を掲載いたします。

天婦羅の由来・発祥などについては以前(2015年3月11日〜4月7日)掲載しております。
今回は天婦羅(テンペーラ)の原型に近い、≪沖縄天婦羅≫を特集致します。

この天婦羅は那覇市辻町の【料亭ことぶき】の天ぷらを再現いたしました。

≪材料≫
小麦粉(薄力粉)

昆布茶
じゃが芋
玉葱



大豆油・ごま油   8対2

マグロ・イカ・太インゲン豆・紅芋など

≪作業工程≫
①天ぷら鍋に油を合わせます。
DSC02821.jpg DSC02822.jpg
*家庭料理ではサラダ油・白絞油でも大丈夫です。【料亭ことぶき】では”香り”を配慮し合わせ油を使いました。
②マグロ・甲イカ・太インゲン・紅芋などをカットします。(今回はスーパーなどで販売しているカット済み食材を利用いたしました。)
DSC02825.jpg
*マグロ・甲イカは長さ10㌢、縦横2㌢〜3㌢程度にカットします。
*太インゲン・紅芋なども長さ10㌢程度に切り揃えます。
③天婦羅の衣を作ります。衣はフリッツに近いので粘り気に気を使わなくても結構です。
イ)じゃが芋を卸し金を使って擦り卸し、水を加えて溶かします。
DSC02823.jpg DSC02826.jpg DSC02827.jpg DSC02834.jpg DSC02836.jpg .jpg"
ロ)玉ねぎ卸し金を使って擦り卸し、水を加えて卵を溶き昆布茶・藻塩で味を整え薄力粉を加えて練り込みます。お好み焼きに近い状態で衣を作ります。
DSC02829.jpg DSC02830.jpg DSC02831.jpg DSC02839.jpg DSC02841.jpg DSC02842.jpg DSC02843.jpg DSC02845.jpg DSC02847.jpg DSC02848.jpg DSC02849.jpg DSC02852.jpgDSC02853.jpg DSC02856.jpg
④天鍋に点火し②に付け粉(薄力粉)を満遍なく塗し、165度前後の油で揚げます。
沈んでいた素材が浮き上がり、吹き上がっていた≪泡粒≫が細く変化したら、素材に火が通った証拠です。
DSC02856.jpg DSC02857 - コピー DSC02859 - コピー DSC02861 - コピー DSC02863 - コピー DSC02865.jpg DSC02869.jpg DSC02870.jpg DSC02874.jpg DSC02875.jpg DSC02881.jpg
⑤揚げ台に④をあげて油切りをして盛り付けます。
DSC02883.jpg DSC02886.jpg
≪沖縄天婦羅≫は日持ち・腹持ちが良く【お惣菜】としての役割よりも【おやつ】として親しんで参りました。
原点である≪テンペーラ≫が金曜日の教会のバザールに提供された≪なごり≫現在まで続いていて料理の奥深さに驚嘆するばかりです。!

次回は【白身魚の昆布締め】を掲載いたします。お楽しみに・・・・・


                                               【頑固おやじ】続きを読む
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。