FC2ブログ

かますの塩焼

DSCN2893.jpg DSCN2816.jpg DSCN2891.jpg
頑固おやじのです。
毎日暑くて蒸し暑い日が続いています。ただでさえ怠け者の私には辛い季節です。
晩御飯作繰りたくない( ´∀` )こんな時に魚市場に出かけた際に購入した≪かますの塩焼≫にして、すこし手抜きしました。
だから、かますを見たとき、頼み込んだんです(#^.^#) 今旬なのかすごくおいしくいただくことが出来ました。
もし、スーパーでかますを見かけたら、1度は召し上がって欲しいお魚の一つですね。
今回のポイントはあまりありませんが、かますを焼く際想像よりも多めに塩を振った方がいいですね。

≪材料≫
かます  人数分

カボス  (柑橘系、なくてもOK)
≪作り方≫
① かますは、ウロコを取り、内臓を取り除き処理をする。
(魚の処理の仕方を参考にしてください)
② かますを適当な大きさにカットする。(焼き台の大きさに合わせてカットしてください)
DSCN2816.jpg DSCN2819.jpg DSCN2826.jpg DSCN2829.jpg DSCN2832.jpg
③ きれいにしたかますに塩を振る
DSCN2885.jpg DSCN2886.jpg DSCN2891.jpg DSCN2893.jpg
(先ほども、お話ししたように、振り塩は焼いているときに表面の油と同時に落ちるので、少し強めに振っても大丈夫です。)
④ 焼く。表の焼き方強火で焼き目が綺麗に見える程度に・・・・
裏からの焼き方を強めに・・・表4割裏6割程度。中骨の周りの魚肉にやっと火が通った程度。余熱で完全に火が入った程度が   旨味を最大限に引き出す方法と主人は言いますが……・
カボス等柑橘系等を振ってもおいしく召し上がれますし、大根おろしを添えてもいいと思います。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
アセロラのビネガー完成しました。今度アップしますのでお楽しみにo(^▽^)o
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。