FC2ブログ

あじのナメロウ造り

DSCN2883.jpg DSCN2834.jpg
頑固おやじです。約束通り、≪魚の卸し方・アジの叩き・アジのナメロ―造り≫を紹介します。
鯵の下処理はゼイゴの取り方が処理の仕方が加わり、水洗いは【かますの処理】と同様です。
≪あじの下処理≫
DSCN2836.jpg DSCN2838.jpg DSCN2841.jpg DSCN2844.jpg DSCN2846.jpg
DSCN2848.jpg DSCN2849.jpg DSCN2851.jpg DSCN2853.jpg DSCN2855.jpg
水洗いを済ませた≪鯵≫を前提として写真を掲載します。特に、鯵のナメロ―は千葉の漁師料理が原点で素朴で素材の味・庶民の味が活きています。
熱々の御飯に載せて食すのも良し、お茶漬け・冷やし茶漬けも最高です。是非試してみてください。
【鯵の卸し方・大名卸し】大名卸しのやり方です。一般家庭の奥様でもすぐに習得できます。1度是非試してみてください。
1、鯵の頭を左側・腹を手前にしてまな板に置きます。左手で鯵の頭を抑え、胸ヒレの処から腹ヒレにかけて背骨をまで庖丁を入れ  ます。裏返して同様に包丁を入れ、頭を切り落とします。
2、鯵の頭が右の方にして、背骨の上に沿わせて庖丁を尾びれの方まで滑らせます。力を抜いて包丁が背骨に振れているのが確  認できる状態が最高の状態です。裏返して裏の身も同様にします。
DSCN2857.jpg DSCN2859.jpg DSCN2861.jpg DSCN2862.jpg
3、腹骨を取ります。腹骨は骨をすくい上げる感覚でカミソリを当てるような感じですくい上げてください。
DSCN2862.jpg DSCN2863.jpg DSCN2864.jpg DSCN2865.jpg
この卸し方は中骨に身が残り易く、比較的安価な魚・中骨が柔らかい魚(鮭・鱒)等に使われす。
【鯵のナメロー造り】
前にも述べた通り、千葉の漁師料理が原点です。材料もありきたりの食材ですが、≪心が豊かになるような≫逸品です。是非召し上がってみて下さい。
【材料】 アジ・長葱(白葱)・生姜・田舎味噌・大葉 
1、鯵は包丁でたたき潰し、葱のみじん切り・卸生姜・刻み大葉・田舎味噌を入れて混ぜ合わせます。
用途に応じ、自由自在に盛り付けが変わります。家庭料理にはお勧めの逸品です。
DSCN2880.jpg DSCN2883.jpg



ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。