FC2ブログ

ほうれん草と鮭のキッシュ

DSCN0966 (2) DSCN1042 (2)DSCN0936 (2) DSCN0946 (2)

頑固おやじのです(^-^)/お休みしていてすみません。○| ̄|_激動の2週間がありしばらくお休みしておりました。気持ちを切り替えてヽ( ´_`)丿簡単夕食の1品を紹介します。今回はお弁当の1品にも利用できるほうれん草と鮭のキッシュを作ります。普通はタルトの上に具材をのせてオーブンで焼くのですがタルト生地はカロリーが高いので、具だけを料理として独立させてみました。いろいろなレシピがありますが、私なりに楽に作れる工夫をしてみました。参考になれば幸いです。それでは行ってみよう(。>ω<。)ノ

ほうれん草と鮭のキッシュ≪材料≫
焼型 25㎝位用の材料です。
ほうれん草(冷凍でも可) 100㌘
鮭切り身           2切れ
玉ねぎ            半分
きのこ類(平茸)       適宜
ニンニク           1カケ
オリーブ油      
白ワインか料理酒
○玉子              4個
○生クリーム          100㏄
○牛乳               50㏄
○塩、胡椒

≪作り方≫
⓵  焼き型に軽くバターもしくはオリーブ油を塗っておく
②  オーブンを200度で予熱設定する
DSCN0954.jpg DSCN0955.jpg
③  ほうれん草等材料を適当な大きさに切りそろえる。
④  鮭を軽く塩を振ってなじませておく(生鮭の場合)
⑤  フライパンに押しつぶしてスライスしたニンニクを入れ火にかける。
⑥  ニンニクから香りが出始めたら、玉ねぎ、ほうれん草、平茸を入れ軽く炒めワイン、塩、胡椒を振り味を調える。
⑦  バットに移し、荒熱を取る
⑧  同じフライパンに④の鮭を入れ焼きながら粗くほぐす。このとき骨を取り、同じくバットに移し粗熱を取る
DSCN0937.jpg DSCN0939.jpg DSCN0945.jpg DSCN0943.jpg DSCN0946.jpg
⑨  ○印の材料をボールに入れよくかき混ぜる(具材に味を漬けているので、卵には気持程度の塩、コショウで)
⑩  焼き型に⑨の卵液を入れ、具材を入れ満遍なく具材を散らせ、その上に粉チーズを適宜振りかける。
⑪  200℃に熱したオーブンに入れ大よそ20~25分焼いたら出来上がり。
DSCN0948 (2) DSCN0950 (2) DSCN0952 (2) DSCN0957 (2) DSCN0958 (2)

DSCN0960 (2) DSCN0965 (2) DSCN0966 (2) DSCN0968.jpg DSCN1042 (2)
手順を書くとめんどくさそうですが、とても簡単に出来ます。生クリームはダイエットの敵ではなく糖質制限のレシピにもたびたび出ているので怖がらず使ってもいいようです(レシピ本によく利用されておりました)また生クリームの量を減らして豆乳を代用してもいいと思います。 キッシュの具材は基本的に水気のないもので、オムレツに入れるものを想定すれば幅が広がる1品になると思います。

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ




頑固おやじからのお知らせ
                   ≪沖縄県産業支援センター専門家派遣承認≫アドバイザー

新規開業・経営改善・献立援助・商品企画・棚卸・原価調整等経営相談も行っています。ご質問、依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。 

                        *出張料理教室受付中
ご希望があれば出張で料理教室を行います。人数は5名以上・調理施設の確保をお願いします。(お問い合せはコメント欄をご利用下さい)
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。