FC2ブログ

陽の剥き物の基本【中級編】


DSCN1066 (3) DSCN1040 (2) DSCN0969.jpg
頑固おやじです。剥き物【中級編の基本】を掲載いたします。今日は人参を使って小花≪梅・桜・さつき≫をイメージしておりますが、食材を変更して花びらの数、大きさ、長さを変えれば、いろいろな形の花を表現することが出来ます。
例えば紫いも(紅芋)を使って小花を剥くと桔梗のように、4枚葉にして少し大きめの深みを出して朝顔・菖蒲、黄色の人参を使って水仙など大根を使ってユリなど≪貴方の努力次第で≫あらゆる種類の花々が表現できます。庭の小枝・葉を使って自分なりに表現してみて下さい。””はまってしまうと夜の寝る時間さえ忘れてしまいますよ!!””> ≪未来の自分の為に≫頑張れ!
≪材料・道具≫
人参・獅子唐
庖丁・彫刻刀(丸・三角)・切り出し
爪楊枝又は竹串か押しピン

⓵人参を3㌢程度のぶつ切りにして5か所印を入れる。(5枚の花弁をイメージして…)
⓶花の形に剥き込み、花びらの開きをイメージして上1㌢程度のところへ彫刻刀を入れる。
③花びらをイメージして上の部分を花びらの形に剥き,下2㌢の部分を円錐形にカットして三角等を使って花びらのくぼみを掘り込む。
DSCN0970.jpg DSCN0971.jpg DSCN0975.jpg DSCN0974.jpgDSCN0977.jpg
④②の花びらの開き・花びらの厚みを切り出し(曲がり切り出しがあれば尚良し)を使って形の修正。
DSCN0983.jpgDSCN0985.jpg DSCN0990.jpg DSCN0988.jpg DSCN1002.jpg
DSCN1005.jpg DSCN1008.jpg DSCN1010.jpg DSCN1018.jpg DSCN1021.jpg

⑤獅子唐の軸の部分で≪がく≫を作る。 (花の大きさによってピーマン・胡瓜・オクラ等に変更。)
DSCN1036.jpg DSCN1038 (2)
⑥花の種類によって花弁を作る。 (爪楊枝・マッチ・素麺とゴマ・細く裂いた竹串と煎り玉子等)
⑦つぼみを作る。つぼみは花の種類に合わせ、3枚花弁は三角錐に4枚花弁は4角錐に5枚花弁は5角錐に作り中央からねじり込むように三角等を入れ、⑤の花弁を同じ食材で作る。
DSCN1038 (2) DSCN1040 (2) DSCN1060.jpg DSCN1065 (2)
⑧適宜、花に合わせて小枝・葉を準備して盛り付ける。(枝・葉も笹の葉等を使って細工することもありますが機会があれば紹介します。)

ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ













                             頑固おやじからのお知らせ
                   ≪沖縄県産業支援センター専門家派遣承認≫アドバイザー

新規開業・経営改善・献立援助・商品企画・棚卸・原価調整等経営相談も行っています。ご質問、依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。 

                        *出張料理教室受付中
ご希望があれば出張で料理教室を行います。人数は5名以上・調理施設の確保をお願いします。(お問い合せはコメント欄をご利用下さい)                                      
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。