FC2ブログ

秋の≪和菓子≫栗鹿の子

DSCN1235 (2) DSCN1193 (4) DSCN1209 (2)
頑固おやじです。
今日は秋の和菓子『栗鹿の子』の作り方をご紹介いたします。
和菓子の本格的な餡子を作るには,砂糖・水飴等の分量、道具(銅鍋)備品の他、微妙な変化を認識する技術力が
必要です。今回は比較的簡単に電子レンジで作る、≪家庭でも作れる餡子のレシピ≫を考えて作ってみました。
≪薩摩芋あん材料≫
薩摩芋     約250㌘(サツマイモの皮を厚めに剥き、ミョウバン水に浸け置き1時間、電子レンジ600㍗で 約7分)
蒸し芋     150㌘(正味)
白あん       100㌘
栗甘露煮      30㌘
上白糖       20㌘
水飴         30㌘
塩          1~2㌘程度
お湯         25㏄ (黄色の色粉少々加えると尚良し)

上記食材をガラスボール・又はどんぶり に入れてかき混ぜ、ラップをかけて電子レンジにかけて練り込み、裏ごしを掛けて
練り込みサランラップに包んで寝かせます。 
DSCN1194 (2) DSCN1196 (2) DSCN1195 (2) DSCN1197 (2)
DSCN1198 (2) DSCN1200 (2) DSCN1201 (2) DSCN1205 (2)
DSCN1203 (2) DSCN1207 (2) DSCN1209 (2) DSCN1211 (2)
≪栗鹿の子の仕立て方≫  
①前述の練り餡を20㌘程度の丸い団子に仕立てます。 
②栗の甘露煮は1粒を横斜め1/2にカット。
DSCN1213 (2) DSCN1216 (2) DSCN1220 (2) DSCN1222.jpg
③別鍋に水100㏄・砂糖6㌘寒天1㌘水飴3㌘程度を火にかけて、煮溶かし火を止めて水溶きゼラチン1㌘程度の寒天液を作り置きしておきます。
DSCN1230.jpg DSCN1231.jpg DSCN1233.jpg
④①に②を貼り付けます。3枚~4枚
⑤取り板・流し缶には毛を使って、煮溶かした③を塗り④を載せて更に鹿の子の栗の表面に③を塗り込みます。
⑥冷蔵庫にて冷却して、30分~1時間後に取り板・流し缶の鹿の子の底の寒天液を切り離し、器に盛ってクロモジを添えて供します。
DSCN1224 (3) DSCN1226 (2) DSCN1234 (2) 00490001.jpg

*今回の餡子は簡易の餡子作りですが、思った以上に上出来でした。是非お確かめください。
既製品の餡子を使った和菓子(上菓子・並菓子・駄菓子・干菓子)もご紹介いたします。作ってみたい和菓子がありましたら、コメントください。                                           
  『頑固おやじ』
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


頑固おやじからのお知らせ
                   ≪沖縄県産業支援センター専門家派遣承認≫アドバイザー

新規開業・経営改善・献立援助・商品企画・棚卸・原価調整等経営相談も行っています。ご質問、依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。 

                        *出張料理教室受付中
ご希望があれば出張で料理教室を行います。人数は5名以上・調理施設の確保をお願いします。(お問い合せはコメント欄をご利用下さい)
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。