FC2ブログ

お正月の準備≪数の子の含ませ≫

DSC02304.jpg DSC02333 (2)
頑固おやじです。今回は≪数の子の含ませ≫を掲載いたします。
≪黒豆・金団・数の子・紅白なます≫はお正月の≪お節料理≫には欠かす事の出来ない日本料理の伝統的料理の一つです。
今回はニシンの卵<strong>≪数の子≫</strong>の料理を掲載いたします。
<strong>≪数の子≫料理</strong>はニシンのように子宝に恵まれ「子孫繁栄・家内繁盛」を祈願する食材です。

掲載いたしました≪黒豆・数の子・紅白なます≫を是非お試しいただいて良き正月をお迎えいただき≪運気≫を高め、2018年良い一年でありますことをお祈りいたします。

≪材料≫
数の子の塩漬け
米のとぎ汁
出汁

薄口醤油

酒・味醂

≪作業工程≫
①数の子を米のとぎ汁に浸し、数の子の薄皮が浮き出るまで約12時間前後ふやかす。
②①のふやけた数の子の薄皮をはがし真水に浸けて、塩抜きをする。
DSC02305 (2) DSC02307 (2) DSC02306 (2) DSC02309 (2)
DSC02312 (2) DSC02316 (2)DSC02315 (2) DSC02313 (2)
鍋にだしを取り、薄口醤油・酒・塩・味醂で【吸い地濃い目】の出汁を作って冷まして置く。
*出し汁の取り方は過去2度掲載しております。お忘れの方、初めての方過去の記録をお読みください。
出し汁400㏄に対し薄口醤油25㏄・味醂25㏄・塩3㌘程度。(塩抜きの状態などで多少の誤差有、あくまでも参考。)
*西京味噌漬けの場合は京粒味噌500㌘に対し味醂50㏄酒50㏄程度を練り込み、タッパーに前述の味噌を敷き酒で濡らし良く絞ったさらしを敷き、数の子を形のまま並べて更にさらしをかぶせ、京味噌の合わせ味噌で挟み込んで漬け込みます。
カットは盛り付けの際に切って、盛り込みます。この方法も試してみて下さい。

③②の数の子を笊にあげ水を切って、適宜の大きさにカットする。
*数の子の塩加減を確認すること。
④≪捨て出汁≫に漬け込み1~2時間水けを吸った≪捨て出汁≫を捨て本漬けする。
⑤器に盛り付け、糸がき(糸がつお・鰹節)を天に盛り付け供す。
DSC02318 (2) DSC02324 (2) DSC02320 (2) DSC02325 (2)
DSC02326 (2) DSC02332 (2) DSC02327 (2) DSC02333 (2)

31日大晦日はお節料理の≪由来・歴史≫食材に託された≪祈願・言われ・戒め≫を掲載いたします。御期待ください!!


ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



頑固おやじからのお知らせ
                   ≪沖縄県産業支援センター専門家派遣承認≫アドバイザー

新規開業・経営改善・献立援助・商品企画・棚卸・原価調整等経営相談も行っています。ご質問、依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。 

                        *出張料理教室受付中
ご希望があれば出張で料理教室を行います。人数は5名以上・調理施設の確保をお願いします。(お問い合せはコメント欄をご利用下さい)
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。