FC2ブログ

打ち出の小槌

<DSC02572 (3) 剥き物3品(鯉の滝登り・はな車・打出の小づち) (2)

頑固おやじです。
間もなく≪旧正月≫『平昌オリンピック』も間近で、心がウキウキしています。今週は≪幸福・金運≫を呼び起こす≪打ち出の小槌≫を彫ってみました。今回は大根を使って掲載いたしましたが文字色【槌の部分】は薩摩芋・紅イモを使用し、【柄の部分】は人参・京人参を使うと色彩も鮮やかに成りますヨ!!ちなみに、南瓜の≪小判≫を彫って傍に添えるとより一層『おめでたさが際立ちます。試してみて下さい。
≪材料≫
大根    1本
≪道具≫
剥き庖丁
三角刀   2・3種類
筒抜き   セット
丸のみ   2・3種類
竹串(又は金箸)
≪作業工程≫

①大根一本を頭大よそ1/3でカットします。*この部分が槌に剥く部分です。
②土の部分を俵型に成型し、槌の真ん中に印を入れて、頭・柄を差し込むホゾを彫ります。
DSC02542 (2) DSC02544 (2) DSC02543 (2) DSC02545 (2)
③残りの2・3で小槌の頭・柄を作ります。楯に2等分しクサビ形にカットし、化粧の溝を彫り、丸のみを使ってひも通しを作ります。
DSC02546 (2) DSC02548 (2) DSC02547 (2) DSC02550 (2)
DSC02552 (2) DSC02553 (2) DSC02554 (2) DSC02556 (2)
④槌の円形部分を3角のみを使って、両面ともに三つ巴の太鼓型に掘り込みます。
DSC02558 (2) DSC02559 (2) DSC02560 (2) DSC02562 (2)
DSC02566 (2) DSC02568 (2) DSC02569 (2) DSC02571 (2)

⑤槌の表面を3角のみを使って、亀甲型に化粧彫りします。端の部分を削り、真ん中の部分を亀甲型・両端は変形五角形に仕上がります。*亀甲型は出来るだけ同じい大きさになる様に注意してください。見栄えがかわります・・・・・
南瓜を使って小判を作り、この前記載した≪セキセイインコ≫・≪蓑ガメ≫をあしらえば≪迎福≫効果満点です。
是非練習してください。                         【頑固おやじ】
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



頑固おやじからのお知らせ
                   ≪沖縄県産業支援センター専門家派遣承認≫アドバイザー

新規開業・経営改善・献立援助・商品企画・棚卸・原価調整等経営相談も行っています。ご質問、依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。 

                        *出張料理教室受付中
ご希望があれば出張で料理教室を行います。人数は5名以上・調理施設の確保をお願いします。(お問い合せはコメント欄をご利用下さい)





スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。