FC2ブログ

琉球料理≪スーチカ≫


頑固おやじです。
今回は琉球料理から≪スーチカ≫をご紹介します。
事あるごとに世界の料理と日本料理、中華料理と沖縄料理・日本料理の関係を申し上げて参りましたが、今回は顕著にわかるイタリアンと琉球料理・ヨーロッパと沖縄との交流など、料理とお菓子の流入経路を検証しながら≪スーチカ≫の作り方を紹介します。
沖縄の≪スーチカ≫は豚の三枚肉を塩漬けにして湯がいた沖縄伝統料理です。どちらかと言えば≪豚の三枚肉の生ハムと思ってください。私が30年前、英国エジンバラに赴任した折≪ヌーベル・キュージンヌ≫発祥の初期に接し、沖縄料理と世界の料理・大和料理に共通性を感じた≪根源料理≫の一つです。沖縄に来るまでは【,日本料理】は【世界の料理】の≪応用料理≫としか考えておりませんでしたが、琉球王国(沖縄)が食材・技術の流入に大きな役割を果たしたことを知るきっかけとなりました。
何の疑問も感じなかった食材が現実に沖縄に存在しているのを見て感動と共に食材のルーツを調べようと思いました。イタリアでの食材の名称が≪パンチェッタ≫と言うことを≪記憶・認識≫した瞬間でした。アルプスの麓には≪蕎麦≫まで栽培されておりパスタ・ニョッキなどにも使われていることを知りました。

中国仏教料理(普茶料理)と大和仏教(精進料理)との類似性、琉球料理とイタリアン・オランダと沖縄・ヨーロッパと沖縄・太平洋隣接地域東アジアと琉球国・日本国との関係などに≪琉球交易≫・≪イタリアの貿易商・蒙古の国の王子の教育係マルコポーロ≫・≪東インド会社≫の海洋進出・海上事故による流民・江戸末期明治初期の英国・イタリアの豪商などが日本料理の発展に大きな影響を与えていることを感じています。

前置きはこれぐらいにして、早速料理に入りましょう。

≪材料≫       
豚三枚肉     
荒潮
スーチカ1
≪作業工程≫
①豚三枚肉を適当なサイズに切り落とし荒潮を満遍なく塗り、肉から水気が溶け出し塩が流れ出出す迄約1時間放置します。
スーチカ1 スーチカ2 スーチカ4
②鍋に①を入れ水をたっぷり張って湯がきます。(肉の大きさ、厚みによって湯がき時間は多少変わります。)
中心温度65度~70度大よそ25分〜30分

スーチカ2 スーチカ4スーチカ9
③中心温度を確かめる。(真ん中がほんのりピンクが残る程度・金串を指してほっぺにあて”アツイ”と手を放す程度の温度。)
スーチカ12 スーチカ13 18スーチカ スーチカ14
④③を水切り笊にあげて、自然に冷まして完成です。④の状態から≪燻製≫にするするとベーコンになります。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



頑固おやじからのお知らせ
≪沖縄県産業支援センター専門家派遣承認≫アドバイザー

新規開業・経営改善・献立援助・商品企画・棚卸・原価調整等経営相談も行っています。ご質問、依頼などお気軽にお問い合わせ下さい。 

      *出張料理教室受付中
和菓子・剥き物(野菜彫刻)・日本料理(茶懐石・会席料理・精進普茶料理・川魚スッポン・ふぐ料理・京湯葉嵯峨豆腐・深大寺蕎麦・手打ちうどん・料理の歴史・ご希望があれば出張で料理教室を行います。
人数は5名以上・調理施設の確保をお願いします。(お問い合せはコメント欄をご利用下さい)





スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。