FC2ブログ

ボンボリ金柑のゼリー寄せ

DSC_0985.jpg ゼリー3 DSC_0989.jpg


頑固おやじです。
PCの不具合で延び延びになっておりましたが、和菓子風ゼリー寄せ≪ボンボリ金柑≫を紹介します。
今回使用の金冠は3月26日掲載済みの≪瓶詰め保存法≫を使って保存した金柑の蜜煮です。
すでに2か月半経過しておりますが、保存状態もよく腐食などもありません!。 私の経験では1年以上保存可能ですが【保存期間は3か月とします。手作り加工の為不良品が出てしまいます。開封してから臭いを確かめ試食してからお使いください。なお衛生管理は自己責任で願いします。】開封後は早急に食べることが必要です。
それでは材料と作り方を説明いたします。
ゼリー1 ゼリー3 ゼリー2
金柑密煮(瓶詰め金柑)
寒天       1㌘
片栗粉      1㌘
ゼラチン 2㌘
≪作業工程≫
①金柑の漬け汁(砂糖密)120㏄に対し、片栗粉1㌘を混ぜ込み溶かします。
②①が完全に混ぜ合わすことが出来たところで、粉寒天1㌘を混ぜ込みゆっくりとかき混ぜながら火にかけます。
ゼリー4 ゼリー5 ゼリー2 7ゼリー 8ゼリー
火加減は最初中火とろみがかかり始めたところで弱火に落とし、水溶きゼラチンを投入し混ぜ合わせます。
ゼラチンが入ったところで②の状態がよりとろみが柔らかくなります。
10ゼリー 11ゼリー ゼリー (2) ゼリー
③器に刷毛を使って②を塗り込み、皿に蜜を入れて金柑を③にまぶして盛り付けます。
⓸固まるまで自然冷却。その後冷蔵庫に入れて完全に固めてから盛り付けます。
14.jpg 15.jpg 16.jpg
言い忘れましたが、洋菓子のゼリーと違い寒天・片栗粉を入れることにより、弾力が出来、日持ちも違います。練り方次第でモチモチ感も変わります。何度か作っているうちに変化が感じ取れるようになります。頑張って下さい。

金柑の保存は作業工程・衛生管理・器具などの条件次第で内容が変わります。
賞味期限などの責任は作った本人の自己責任でお願いいたします。
                                                     ≪頑固おやじ≫ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。