FC2ブログ

どら焼き そのⅡ


DSC_1363.jpg DSC_1364.jpg
頑固おやじです。
約束通り、≪どら焼き そのⅡ≫を掲載します。
どら焼きは≪パンケーキ≫、今回は生地を薄焼きにした≪クレープ≫に近い、お菓子です。≪羊羹≫をどら焼きの薄焼きで巻きます。
≪羊羹≫の作り方は3月29日に掲載しております。そちらをご覧ください。
生地の作り方は前回掲載しておりますので、今回は薄焼きの焼き方から掲載いたします。
本来、業務用(銅製)の出し巻き鍋を使って焼きますが、今回は家庭用の出し巻き鍋(テフロン加工)を使って焼いてみました。
慣れないせいか?腕が衰えたのか?仕上がり状態が少しきめが粗く焼き目が一定になりにくく感じました。
≪注意事項≫生地は出来るだけ冷やしておくこと。

≪作業工程≫
①氷を入れてボールに冷蔵庫で冷やした生地を載せ、生地が伸びない様に工夫する。(特に夏場)

②ガス台に網を載せ、卵焼き鍋を載せて火をつける。(大よそ230度)
*鍋底に指を入れて1秒程度。
③薄目に油を敷いて、リードペーパーで綺麗にふき取る。
④鍋の取って側から生地を流し込む。生地が溜まってしまうと厚みが揃わないので注意すること。

DSC_1340.jpg DSC_1352.jpg DSC_1353.jpg DSC_1354.jpg
⑤生地の表面に火が入り、焼いた記事の端の部分がきつね色に変わった時期を見計らい、竹串・金箸を使って引き上げる。
⑥⑤の生地を使って羊羹を巻く。
DSC_1354.jpg DSC_1356.jpg DSC_1355.jpg
⑦適宜カットし焼き印を押す。(一般家庭では焼き印がないと思います。バーべキュウ串・ホーク・焼き網などを使って焼き印の代用にするのも別の趣が生まれますヨ!。)
00190001.jpg 00200001.jpg DSC_1347.jpg
今回は小さい羊羹を使って銘々に作りましたが、1本巻きにより、大人数を一緒に作ることもできます。参考までに・・・・・

                                   『頑固おやじ』
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ





沖縄県産業支援センター専門家登録承認アドバイザー


《頑固おやじからのお知らせ》

【経営不振店舗経営改善援助】【商品開発・企画・献立援助】
          【調理技術原価衛生管理のフォロー】【新規開店店舗開業準備】等飲食店の経営アドバイスを行っております。

《頑固おやじの出張料理塾》受付中

日本料理(懐石料理・会席料理・普茶精進料理・ふぐ川魚 スッポン料理・湯葉豆腐の製造
手打ち蕎麦うどん・剥き物(野菜彫刻)・和菓子・寿司・家庭料理・料理の基礎知識 等)


出張料理講習会承ります。ご用命ください。(5名様以上)


スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。