FC2ブログ

ちらし寿司

“頑固おやじです”

今日は昨日に引き続き「桃の節句」特集第2段
「ちらし寿司」を作ります。
IMG_1232.jpg
具材が多く、大変かもしれませんが、保存してオカラの煮つけ・加薬(かやく)ご飯・けんちん汁・がんもどきの具・群馬の地料理お切り込みなどにも≪リメーク再利用≫)利用できます。多めに作って作り置きしても大丈夫です。冷凍ストックで約1カ月保存できます。

ちらしずし
≪材料≫
人参                  
タケノコ(水煮)
牛蒡
シイタケ
レンコン

〈調味料〉
だし
濃口八方
薄口八方
すき焼きのタレ
ごま油

≪作り方≫
1) 材料の下準備
① 人参2~3ミリの短冊切り。
② シイタケはボールに水を入れて戻しておく。
③ タケノコ2~3ミリの短冊切りにし水につけておく。
④ 牛蒡は皮を洗い、ササガキ切りにし、水につけておく。
※ごぼうを横に寝かすようにして、鉛筆を削るように切る。
牛蒡が太い場合は縦に何本か線を入れるように切れ込みを入れてから切ると同じ大きさのササガキになります。
⑤ キクラゲは、食べやすい大きさにカットします。
DSCN0879 - コピー DSCN0880 - コピー DSCN0885 - コピー DSCN0892 - コピー DSCN0895 - コピー DSCN0898 - コピー
⑥ レンコンはイチョウ切りにし水につけておく。
※レンコンは酸化しやすくすぐ色が黒くなるので、ガラスかプラステックのボールに入れるようにしてください。
 レンコンを漬ける甘酢を作ります。
DSCN0906 (2) DSCN0908 (2) DSCN0914 (2) DSCN0915 (2) DSCN0925 (2)

(調味料)

砂糖

(作り方)
☆) 鍋に 酢1:砂糖1:水1の分量を入れ、火をかけて砂糖がとけたら出来上がり。
☆) 沸騰したお湯に①で切ったレンコンを入れ、軽く火を通し、甘酢に漬けこみます。
3)具材の味付け
A) 鍋にゴマ油を入れ火を付け、まんべんなく油をまわしたら、火の通りにくいものから鍋にいれて、
  よく炒めます。
B) 薄口八方1:濃口八方0.5:すき焼きのタレ0.5:だし6の分量を鍋にいれ、①で加熱した具材を煮込みます。
C) アクが出たらすくい、沸騰したら火を止め、自然に冷めるまで鍋止めをします。
DSCN0928 - コピー DSCN0929.jpg DSCN0933.jpg DSCN0934 - コピー DSCN0937.jpg
※冷めるまでの間に味が浸透してきます。

明日は盛り付け用のうす焼き玉子、鳥のそぼろ、厚焼き卵を紹介します。



訪問ありがとうございます。
応援お願いします。
 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。