FC2ブログ

ボリューム満点キジ焼き丼

“頑固おやじです”

 今日はがっつり食べたい時にお薦めの 「キジ焼き丼」を紹介します。
                          
本来は、本物のキジを使うのですが、さすがに今ではキジが手に入らないので、鶏を代用しています。
部活に熱中している食べざかりのお子さんにもってこいの料理です。 バランス良く食べてほしいので、キジ焼きの下にニシキ野菜を敷いて野菜もたっぷり食べられるように工夫しています。

キジ焼き丼
≪材料≫
鶏モモ肉
(ニシキ野菜材料)
人参
玉ねぎ
レタス
キャベツ

(調味料)
砂糖少々
すき焼きのたれ
濃口醤油
料理酒又は白ワイン
※ケチャップ
※味噌
※はお好みで入れて下さい。
≪作り方≫
1)鶏モモを焼きます。
☆ フライパンに火をつけ、鶏の皮目を下に焼き始め、 鶏肉から出た油はキッチンペーパーで拭き取ります。
☆ うっすら焦げ目がついたら、裏返しさらに焼きます。
☆  料理酒又は白ワインをふりかけ、砂糖少々を加え蒸し焼きにします。
 砂糖を入れる理由として、調味料の浸透率を上げる為です。 ※火加減は中火位
2)タレを作る
☆ 鶏肉を焼いている間、ボールにすき焼きのタレを入れ、家族の好みに応じてケチャップ、味噌を足してよくかき混ぜます。
☆ 約2~3倍の水をいれ、かきまぜておきます。
3)味付け
☆ ある程度鶏肉に火が入り始めたところに、2で作ったタレを3回くらいに分けて入れ味をしみ込ませます。
☆ ふたをかぶせ蒸し焼きにし、味をからませます。
4) ニシキ野菜を作る
☆ 玉ねぎ、人参、キャベツをセンギリにし、レタスは食べやすい大きさに手でちぎって水にさらします。
    
5) 味付けの仕上げ

☆ タレがなくなり始めたら、フライパンを傾けお玉などでタレをすくいながら、鶏肉にツヤを出すようにかけ焼きをし、濃口醤油を微量入れて香りだしをしてください。
6) 盛り付け
☆ どんぶり碗にご飯をいれ、タレを振りかけます。
☆ 水にさらしたニシキ野菜の水を切り、どんぶりの上に敷きます。
☆ 鶏肉を斜めにそぎ身に切り、ニシキ野菜の上に盛り付けます。
☆ タレをかけ、マヨネーズをかけて出来上がりです。
食べざかりのお子さんにぴったりだと思いますが、洋風に盛りつければ、おしゃれな1品になりますね。ぜひお試しを・・・
                  
鳥の照り焼きにしたい場合は、ケチャップを抜いた上記のタレを作れば出来ます。
≪頑固おやじからのお詫び≫
今回、パソコンの不具合により、保存していた写真の一部が消滅してしまいました。改めて写真を撮り直し、掲載するつもりですが時間がかかります。どんぶりご飯に照り焼きのタレを振りかけ、錦野菜・鶏の照り焼きをカットして盛り、マヨネーズを掛けて代用してください!。申し訳ございません。

訪問ありがとうございます。
応援お願いします。
 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。