FC2ブログ

もずくの酢のもの

DSCN0638.jpg DSCN0609.jpg DSCN0628.jpg
頑固親父です

突然ですが、頑固おやじは沖縄に住んでいます。まだプロフィールもアップしていないので詳しいことは省きますが、かれこれ20年以上住んでいます。
沖縄には色々な食材があり地域独特なものや日本の食材のルーツのものまであり多種多様な食材の宝庫です。
少しづつ沖縄の食材も紹介していきます。

今回はモズクの酢のものです

モズクの下処理をすることによって、モズクの殺菌消毒・フコイダンの抽出効果等等うま味成分を出すための下処理です。
めんどくさがらずに下処理をすることがおいしいものを作るひと工夫と思ってください。

今回は前に作った調味料で酢のものを作りました。

材料
モズク(今回は糸満で生モズクを仕入れました。)
生姜
すき焼きのたれ
煮切り

長いも(なくても可)

1モズクの下処理
モズクを適当な長さにカットする
DSCN0608.jpg DSCN0609.jpg
2モズクを湯がく
1のモズクを沸騰させたお湯に入れ軽く沸騰させ、湯がきざるにとり湯切りする。
DSCN0610.jpg DSCN0611.jpg DSCN0612.jpg
3針生姜の準備
モズクの湯切りをしている間に針生姜を切り、水にさらす
DSCN0616.jpg DSCN0618.jpg DSCN0620.jpg DSCN0622.jpg
4酢を合わせる
モズクの量に合わせて合わせ調味料を作る
今回はモズク500㌘に対しすき焼きタレ200cc:煮切り200cc:酢400ccを合わせました
DSCN0623.jpg DSCN0624.jpg DSCN0625.jpg
DSCN0626.jpg
※合わせてみて少し濃い場合はだしで伸ばすと良い。薄いと感じた場合はすき焼きのたれか煮切りで調整する
塩蔵モズクの場合は塩抜きをして①の段階から始めるといい
5モズクと調味料を合わせる
保存容器に④で作った調味料と荒熱を取ったモズクを入れて良くからませる。
先ほどカットし水にさらしていた針生姜を固く絞り、合わせたモズクに入れ良くかき混ぜる。
DSCN0630.jpg DSCN0628.jpg DSCN0638.jpg
6出来上がり
長いもを適当な長さに切り皮をむき包丁でたたきつぶしてトッピングする(キュウリのみじん切り、湯がきオクラ等も相性のいい食材です。試してみて下さい)
※冷蔵庫で2~3週間保存可能です。
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。) ブログランキングに参加しています。 応援クリックお願いします。 人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。